「正論」欄執筆陣に安西祐一郎氏、J・モーガン氏ら新たに9人が加わりました 

産経新聞は日本の進路を考える論壇「正論」欄を一層、充実させるために、新たに9人の識者をメンバーに迎えました。

新執筆者は数学者で国立情報学研究所教授の新井紀子氏(56)=人工知能、文化功労者で慶応義塾学事顧問の安西祐一郎氏(72)=教育、科学政策、評論家の江崎道朗氏(56)=歴史、安全保障、麗澤大学助教のジェイソン・モーガン氏(41)=歴史問題、九州大学大学院准教授の施光恒(せてるひさ)氏(47)=政治学、青山学院大学教授の福井義高氏(56)=経済・会計、歴史、名古屋市立大学教授の松本佐保氏(53)=宗教、国際政治、龍谷大学教授の李相哲氏(59)=韓国・北朝鮮問題、日米近現代史研究家の渡辺惣樹氏(64)=歴史、政治外交(五十音順)。

混迷する内外情勢を踏まえ、それぞれの専門分野で健筆をふるっていただきます。