新型コロナウイルス感染者に関するお知らせ

産経新聞大阪本社(大阪市浪速区)の編集局に勤務する30代の記者が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。
同記者は発熱やのどの痛みなどの症状はありませんが、自主的に4月30日にPCR検査を受けたところ、5月2日に陽性と判明しました。

4月28日に最終出社し、30日まで取材活動をしておりましたが、感染対策を取ったうえで取材をしていたことを確認しております。職場などの消毒を実施するとともに、取材先など関係各所には連絡を行っています。

弊社ではかねてより新型コロナウイルスの感染防止に向けて、社内に対策本部を設置し、社員ならびに取引先やお客様の安全を確保するための対策を講じております。今後も保健所の指導のもと、さらに取り組みを強化してまいります。