「釣りズバッと関西」第4号、2日発売 2018年新製品大紹介 フィッシングショーOSAKA完全ガイド付き

産経新聞社が発行するサンケイスポーツでは、関西地区限定の釣り専門タブロイド紙「釣りズバッと関西」第4号を2月2日(金)‬に発売しました。本格釣りシーズン開幕を待ちきれない釣りファンのワクワク感に応える「2018年新製品&フィッシングショー特集号」です。オールカラー32ページ、1部400円。京阪神地区のコンビニエンスストアなどでお買い求めできます。

本格シーズン前に各メーカーとも新製品をそろえました。アユ、磯、船など注目の新ロッドを繰り出した、がまかつ。旗艦リール「ステラ」をモデルチェンジしたシマノ。60周年を迎え最高峰リール「イグジスト」を一新したダイワ。今年1月に横浜で開催されたばかりの「ジャパンフィッシングショー」での徹底取材をもとに、注目の新製品を紹介しています。

関西釣りファン待望の、2月3、4日にインテックス大阪で開催される「フィッシングショーOSAKA 2018」の完全ガイドも掲載しています。

また大阪湾のタチウオ攻略に情熱を燃やすハヤブサの画期的新テンヤを、発売前に一部公開。同社社員の「きくりん」こと菊池雄一さんが明かす開発秘話、グッズプレゼントも見逃せません。

サンケイスポーツ特別版の「釣りズバッと関西」は2017年6月2日に創刊。釣りのタブロイド紙として、初のオールカラー32ページという圧倒的美しさで登場しました。老若男女を問わず手軽に始められ、生涯楽しめる趣味として注目が高まっている釣り。「釣りズバッと関西」は、釣り初心者がワクワクするような本格的な釣りの世界へ踏み出す手助けをします。

【サンケイスポーツ特別版「釣りズバッと関西」第4号】
定価: 400円(税込、タブロイド判、オールカラー32ページ)
販売場所 :京阪神のコンビニエンスストア、駅売店、産経新聞販売店、フィッシングエイトなど釣具店でもお求めになれます。
問い合わせ :サンケイスポーツ即売・媒体部(℡06-6633-6432、平日午前10時~‪午後5時)