「特撮のDNA展」7月14日、明石市立文化博物館で開幕 ゴジラ、モスラなど大怪獣たちが集結

7月14日(土)から明石市立文化博物館(兵庫県明石市)で、日本が世界に誇る特撮(特殊撮影技術)の造形面に着目した展覧会「特撮のDNA展-平成に受け継がれた特撮“匠の夢”-」(産経新聞社ほか主催)を開催します。モスラ、ゴジラ、メガゴジラなどの大怪獣の造形作品を間近で見られる展覧会にぜひご来場ください。

ゴジラ スーツ 『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(2000)より TM&©TOHO CO., LTD.

現在は CG(コンピュータ・グラフィックス)を駆使した映像が中心ですが、それまではミニチュアや映像トリックを用いた作品が主流でした。本展では、そのような特撮作品に登場する怪獣やヒーロー、乗り物、兵器などの造形面に着目し、匠の技にスポットを当てます。

画面の中で暴れまわる怪獣たちは、いくつもの過程を経て生み出されています。特撮映像のスタッフたちは、現実世界では起こりえない事象を描き、存在しない生き物を作り出し、その細部にまでこだわり、命を吹き込んでいきます。会場では、本来は目にすることができない特撮映像の裏側や、そこで腕をふるう匠たちの仕事にご注目ください。

【開催概要】
会  期:7月14日(土)~9月2日(日) ※会期中無休
開館時間:9時半~18時半(入館は18時まで)
会  場:明石市立文化博物館1階特別展示室及び2階ギャラリー
観 覧 料:当日券:大人 1,000 円、大高生 700 円、中学生以下無料
前 売 券:大人 800 円、ペア 1,300 円 ※7月13日(金)まで販売
※20名以上の団体は 2 割引、シニアいきいきパスポート提示で無料
65歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示の方(介護が必要な場合は介護者も)は半額
主  催:明石市立文化博物館、産経新聞社、神戸新聞社
協  力:東宝株式会社、株式会社ドリーム・プラネット・ジャパン
特別協力:西村祐次(M1号)、若狭新一(MONSTERS,INC.)
企画制作:「特撮のDNA」展 実行委員会
後  援:兵庫県、兵庫県教育委員会、明石市教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、公益財団法人明石文化芸術創生財団、一般財団法人兵庫県学校厚生会、NHK神戸放送局、サンテレビジョン、ラジオ関西、明石ケーブルテレビ
特別後援:大阪芸術大学映像学科
ホームページ:http://tokusatsu-dna.com/

【関連イベント】 ※高校生以上の方、各イベント参加には当日の「観覧券」が必要
造形師 若狭新一氏ギャラリートーク ※当日先着順
日  時:7月15日(日)11時~、14時~
定  員:各回30名

監督 大森一樹氏トークショー「1990年代のゴジラ」 ※事前申込制、応募者多数の場合は抽選
日  時:8月12日(日)13時半~15時
場  所:明石市立文化博物館2階大会議室
定  員:80 名
申込方法:往復はがきに「イベント名、参加者全員の氏名、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加人数」を明記し、〒673-0846 明石市上ノ丸 2-13-1 明石市立文化博物館まで。締め切りは、7月31日(火)必着

ギャラリートーク ※当日自由参加
展示のみどころなどを解説します。
日  時:7月21日(土)、28日(土)、8月18日(土)、25日(土)の各日14時~
講  師:館長(7月28日、8月18日)及び同館学芸員(7月21日、8月25日)