産経ベテラン特派員2氏が世紀のウソを暴く! 『米中新冷戦 偽ニュースとプロパガンダ全内幕』11月28日発売

産経新聞出版は11月28日、産経新聞の古森義久ワシントン駐在客員特派員と黒田勝弘ソウル駐在客員論説委員の共著『米中新冷戦 偽ニュースとプロパガンダ全内幕』(定価:本体1400円+税、発行:産経新聞出版)を発売しました。ともに国際報道半世紀の2人が日米離間、共産主義支援、贖罪意識による報道の歪みを一刀両断。朝日、岩波、ワシントンポストなどのメディアによる今昔の報道の真贋、各国の歴史歪曲を白日のもとにさらします。


【著者略歴】
古森義久(こもり・よしひさ) 産経新聞ワシントン駐在客員特派員。麗澤大学特別教授。日本を代表する国際問題評論家。昭和16年、東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、毎日新聞社入社。ワシントン特派員などを経て産経新聞社入社。ワシントン支局長、中国総局長などを歴任し、平成25年から現職。ボーン国際記者賞、日本新聞協会賞など受賞多数。著書に『トランプは中国の膨張を許さない!』(PHP研究所)など多数。

黒田勝弘(くろだ・かつひろ) 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。日本を代表する韓国ウォッチャー。昭和16年、大阪市生まれ。京都大学経済学部卒業後、共同通信社入社。韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長などを経て産経新聞ソウル支局長兼論説委員。平成23年から現職。SJC(ソウル日本人会)顧問。ボーン・上田国際記者賞、菊池寛賞、日本記者クラブ賞を受賞。著書に『韓国人の歴史観』(文春新書)など多数。

《主な内容》
■序 章 米中衝突に日本は巻き込まれる
■第1章 米朝会談の偽ニュース
■第2章 日本の朝鮮報道は北を忖度
■第3章 朝鮮半島に関わってはいけない
■第4章 韓国のアメリカ工作
■第5章 核問題の二重基準
■第6章 偽ニュースのカラクリ    (四六判並製 272ページ)

お問合せ:産経新聞出版 ☎03-3243-8374(平日10~18時)、Fax03-3243-0573