フェルメール展 来場者30万人を突破 「最も贅沢な空間」 鑑賞は平日夕方以降がおすすめ

10月5日(金)から東京・上野の森美術館で開催されている「フェルメール展」(産経新聞社など主催 )の来場者数が、11月29日で30万人を突破しました。同展では会期中に、日本美術展史上最多となる計9点のフェルメール作品が展示されることとなっており、「最大にして、最も贅沢な空間」として、話題を集めています。平日夕方以降が、比較的じっくりと鑑賞できます。

公式ホームページ   https://www.vermeer.jp

フェルメール作品だけを展示している「フェルメール・ルーム」(初日の様子)

現在、展示中のヨハネス・フェルメールの作品8点のうち、日本初公開である「赤い帽子の娘」は12月20日までの公開で、来年1月9日からは、こちらも日本初公開の「取り持ち女」を追加展示します。
また待ち時間短縮のため、あらかじめ日時指定券をインターネットなどで購入する「日時指定入場制」を採用しており、こちらも好評です。
音声ガイドは、展覧会ナビゲーターである女優、石原さとみさんが担当しています。

会期 :平成30年10月5日(金)~平成31年2月3日(日)
※12月13日(木)は休館
会場 :上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)
開館時間 :9時30分~20時30分(1月と2月は9時~20時30分)
※入館は閉館30分前まで、開館・閉館時間が異なる日もあります
日時指定券料金 :
<前売> 一般2500円、大学・高校生1800円、中学・小学生1000円
<当日> 一般2700円、大学・高校生2000円、中学・小学生1200円
※未就学児は無料
日時指定入場制 :入場時間を6つの時間帯に分けた日時指定券を販売
主催 :産経新聞社、フジテレビジョン、博報堂DYメディアパートナーズ、上野の森美術館
後援 :オランダ王国大使館
企画 :財団ハタステフティング
特別協賛 :大和ハウス工業株式会社、ノーリツ鋼機株式会社
協賛 :第一生命グループ、株式会社リコー
特別協力 :NISSHA株式会社
協力 :ANA KLMオランダ航空 日本貨物航空 ヤマトグローバルロジスティクスジャパン