「産経ニュース」有料会員サービスが本格スタート 月額500円で選りすぐりの会員専用コンテンツを提供

株式会社産業経済新聞社(東京都千代田区、代表取締役:飯塚浩彦)と株式会社産経デジタル(東京都千代田区、代表取締役:植野伸治)は、運営するニュースサイト「産経ニュース」の有料会員サービスを12月6日より本格スタートいたします。本サービスは、月額500円で選りすぐりの有料会員専用コンテンツを提供するサービスです。詳しくは、産経ニュース会員サービスページ( https://www.sankei.com/info/help.html )まで。

産経ニュースは11月15日に、氏名とメールアドレスなどを登録するだけの「産経ニュース会員(無料)」と「産経ニュース有料会員」の2種類のサービスを開始しました。当初は「お試し期間」として、有料会員記事も無料の会員登録のみでお読みいただいていました。 6日にお試し期間が終了し、有料会員サービスを本格スタートいたします。

有料会員には、会員登録(無料)で利用できるサービスに加え、産経新聞ならではの読み応えある専用記事がお読みいただけます。編集長のコラムやおすすめ記事が読める「産経ニュース メールマガジン」もお届けします。

産経ニュース会員に登録された方のIDとパスワードは、産経iDとしてもご利用いただけます。産経iDは、産経新聞グループの各サービスを便利に利用できる共通IDで、その他にもメールマガジンや会員限定イベント・優待などをご利用いただけます。

【産経ニュース】
月間3635万ユニークユーザー(2018年8月度、Google Analytics調べ)を誇る総合ニュースメディア。
大きな写真が印象的なトップニュースや、知っておきたいニュースをまとめてチェックできる「今日の出来事」、最前線の記者やベテラン記者が、取材内容や知見を注ぎ込んだ解説記事が並ぶ「読み解く」のコーナーなど、注目記事が満載です。
10月15日にデザインを一新し、白を基調に見出しの文字も大きくなった新しいページは、記事と写真が自然と目に入ってくるようにデザインされ、より落ち着いた画面で、ゆっくりと記事を読んでいただけるようになりました。読みやすくなった新しい産経ニュースにご期待ください。