「ラファエル前派の軌跡展」3月14日開幕 会期中、三菱一号館美術館開館9周年記念イベントも開催

「ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展」(主催:三菱一号館美術館、共催:産経新聞社)が、 3月14日(木)から東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催します。 19世紀イギリスで結成された芸術家グループ「ラファエル前派」の作品約150点を展示します。風景画の巨匠J.M.W.ターナーをはじめ、エドワード・バーン=ジョーンズ、ウィリアム・モリスなどヴィクトリア朝の英国を代表する芸術家たちの傑作が一堂に会します。
公式サイト: https://mimt.jp/ppr/

1848年、英国美術の刷新を目指し、ロセッティ、ミレイら当時の前衛画家により結成されたラファエル前派同盟。その精神的な指導者であった美術批評家のジョン・ラスキンの功績にも光を当て、英米の美術館が所蔵する油彩画、水彩画、素描、家具などを展示します。

三菱一号館美術館開館9周年の4月6日(土)には、来場者全員にオリジナルポストカードプレゼントの他、「9人目」「99人目」「999人目」の入館者に記念品贈呈、 21時の延長開館を利用したイベントなど、特別企画を実施します。

「ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展」概要
【会場】 三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)
【会期】 2019年3月14日(木)~6月9日(日)
【開館時間】 10:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで(祝日を除く金曜、第2水曜の他、開館9周年となる4月6日、 6月3日~7日は21:00まで)
【休館日】 月曜日(3月25日、4月29日、5月6日、27日、6月3日は開館)
【入場料・当日券】 一般 : 1,700円 高校・大学生 : 1,000円 小・中学生 : 無料
※障がい者手帳をお持ちの方は半額、付添の方1名まで無料
【前売券】 一般のみ : 1,500円
※ペア券はチケットぴあでのみ販売します。 ※大学生以下、ペア(一般)は前売券の設定はありません。
【主催】 三菱一号館美術館
【共催】 産経新聞社
【お問い合わせ】 ☎03-5777-8600(ハローダイヤル)