「eスポーツ元年、見て・聞いて・知る」 フォーラム  3月16日に開催 関西大学梅田キャンパスで

産経新聞社などが主催し、コンピューターなどの電子機器を使って対戦するスポーツ競技「eスポーツ」をテーマにしたスポーツフォーラム2019「eスポーツ元年、 見て・聞いて・知る~現状と今後の展望~」が、3月16日(土)13時30分から、大阪市北区の関西大学梅田キャンパス8階「KANDAI Me RISEホール」で開催されます。参加者を募集しています。

昨年12月に米ラスベガスで開催されたカプコンカップ2018

昨年は「eスポーツ元年」と呼ばれ、今年もその市場は世界的に広がっています。日本でも多くの企業がeスポーツ産業に参画し、プロ選手を育成する学校も開設されるなど、盛り上がりを見せています。フォーラムでは、一般社団法人日本eスポーツ連合の浜村弘一副会長が「eスポーツの未来」と題して基調講演を行います。その後、「eスポーツの魅力と可能性」と題したパネルディスカッションで課題を掘り下げ、eスポーツプレイヤーによる「ストリートファイターV アーケードエディション」の実演も予定しています。

浜村弘一副会長

【日時】 3月16日(土) 13時半~
【会場】 関西大学梅田キャンパス8階「KANDAI Me RISEホール」(大阪府大阪市北区鶴野町1番5号)
【定員】 300人、 入場無料
【申し込み方法】「スポーツフォーラム2019」と明記し、1.郵便番号、住所2.氏名3.年齢4.電話番号5.人数を記入。はがき、ファックス、Eメールのいずれかでご応募ください。3月12日(火)必着。応募者多数の場合は抽選の上、当選者に参加証を送ります。
≪はがき≫ 〒556-8662(住所不要)産経新聞社メディア営業局「スポーツフォーラム2019」係
≪ファクス≫ 06-6633-9590  ≪Eメール≫ o-kikaku@sankei.co.jp
【問い合わせ】 産経新聞大阪本社メディア営業局「スポーツフォーラム2019」係(☎06-6633-9493、平日午前10時~午後5時)
【主催】 関西大学カイザーズクラブ、関西大学、産経新聞社
【協力】 株式会社カプコン