健活手帖GW号は「10連休で体リセット」特集 宝田明さん、大橋純子さんのインタビューも 4月16日発売

夕刊フジ(産経新聞社発行)は、健康タブロイド新聞「健活手帖」第10号(GW号)を4月16日(火)に発売します。税込み価格350円。10連休を有効活用する5大チャレンジとして、①低糖質ダイエット②ロコモ退治③涙活④減酒⑤プチ湯治の無理のない方法―を巻頭特集。池江璃花子さんの闘病で注目される白血病、堀ちえみさんが手術を公表した口腔がんの最新治療をレポートします。前号で反響が大きかった「高血圧のギモン」はさらに詳しい続編を掲載。保存版の人体解剖図付きです。駅売店やコンビニエンスストアのほか、サンスポe-shop(https://www.sanspo-eshop.com/)でも販売します。

近年定着した「低糖質ダイエット」に興味を持っていても、「仕事が忙しく、帰宅時間も遅いから余裕がない」「外食が多く、付き合いもあるから無理」「具体的な方法がわからない」などという人が多いのではないでしょうか。そんな人にとって、10連休となる今年はチャレンジできる絶好のチャンス。ダイエット専門の医療機関、渋谷DSクリニック院長の林博之医師に成功するポイントを聞きました。

がん治療の最前線を追うシリーズ第6弾は「白血病」。かつては「不治の病」と言われ、ドラマや映画では悲劇のヒロインの命を奪う病気として恐れられてきました。病名は誰もが知っていても、この病気の仕組みを正しく認識している人は意外に少ないでしょう。そこで順天堂大学医学部付属静岡病院血液内科教授の小池道明医師にメカニズムと治療法について解説してもらいました。このほか、宝田明さん、大橋純子さんのインタビュー記事など、充実した内容です。

なお、産経iD会員が第10号を購読した場合、健活手帖のバックナンバー(第1号~9号)のうち1部を試読できます(送料は各自負担)。さらに、特典としてバックナンバーを特別価格(200円+送料)で購入できます。詳細は産経iDのイベントページ(https://id.sankei.jp/)で。第11号は7月9日(火)発行予定です。

発 売 日:4月16 日(火)
体  裁:タブロイド判44ページ・オールカラー
定  価:350円(税込み)
発売地区:東北・関東・甲信越・関西圏の主要駅売店、コンビニエンスストア
ネット通販:サンスポe-shop(https://www.sanspo-eshop.com/
※産経新聞販売店でも取り寄せられます