稲垣潤一の追加出演が決定 6月8日一般発売 9月7日開催『林哲司produce AOR JAPAN Live』

創刊50周年の夕刊フジ(産経新聞社発行)の新プロジェクト『夕刊フジ ミュージック』の第1弾として9月7日(土)に東京・虎ノ門のニッショーホール(日本消防会館)で開催される『林哲司produce AOR JAPAN Live』に稲垣潤一が追加出演することになりました。前売り券(8000円)の一般発売は6月8日(土)10時から始まります。産経iD会員の方は特別価格(7500円)で購入できます。詳細は産経iDのイベントページ(https://id.sankei.jp/)で(6月8日から)。

1980年代のシティ・ポップスが近年、ジャパニーズAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)として再評価されていますが、その仕掛け人といえるのが作曲家・シンガーソングライターの林哲司。『林哲司produce AOR JAPAN Live』は、林が当時のAORアーティストをセレクトし、80年代の熱いシーンを蘇らせます。

出演は、林のほか、「DOWN TOWN」でデビューしたEPO、SHOGUNの芳野藤丸、シティ・ポップスの貴公子・山本達彦。林が在籍しているネオAORのバンド・エイトも出演し、ハウスバンドも務めます。稲垣潤一の追加出演が決定し、さらにパワーアップされます。

日  時:9月7日(土)16時開演
場  所:ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16)
料  金:前売り価格8000円、当日一般8500円(いずれも税込み)
一般発売情報:ローソンチケット https://l-tike.com/yukanfuji0907
       ぴあ https://w.pia.jp/t/aorjapan/
       イープラス https://eplus.jp/aor-japan/
公演についてのお問合せ:ディスクガレージ(☎050-5533-0888、平日12~19時)