二松学舎大学付属など45校が全国大会 第12回日本高校ダンス部選手権 関東・甲信越

高校ダンス部の日本一を決める「第12回日本高校ダンス部選手権 スーパーカップダンススタジアム」(主催:産経新聞社、ストリートダンス協会、特別協賛:エースコック)の関東・甲信越大会が8月6~8日、東京都大田区の片柳学園・片柳アリーナで行われました。ビッグクラス(13~40人)では二松学舎大学付属など24校が全国大会への進出を決めました。一方、スモールクラス(2~12人)では21校が全国大会に出場します。全国大会は8月15、16の両日、横浜市西区のパシフィコ横浜で行われます。詳細は公式ホームページ(https://dancestadium.com/high/)で。

全国大会出場校は次のとおりです。

二松学舎大学付属(ビッグクラス)

【ビッグクラス】
(東京)明治学院東村山、國學院、品川女子学院、都立狛江、都立鷺宮、都立篠崎、実践学園、都立八潮、都立足立新田、都立富士森、二松学舎大学付属、駒沢大学、都立王子総合、都立大森
(神奈川)横浜創英、日本女子大学付属、県立川和、桐光学園、県立光陵、県立市ケ尾、県立横浜平沼
(埼玉)武南、山村国際
(山梨)日本大学明誠

【スモールクラス】
(東京)目黒日本大学、都立狛江、都立町田総合、朋優学院、トキワ松学園、都立福生、実践学園、専修大学付属、二松学舎大学付属、品川エトワール女子、駒沢大学
(神奈川)県立百合丘、県立川崎北、桐光学園、県立大和南
(埼玉)武南、県立蕨、山村学園、浦和学院
(千葉)県立柏陵
(群馬)県立伊勢崎清明