「ゴッホ展」兵庫展25日開幕 ハーグ派から印象派へ 画業10年間の回顧展

産経新聞社などが主催する「ゴッホ展」(https://go-go-gogh.jp/)が、1月25日(土)から兵庫県立美術館(神戸市中央区)で開催されます。皆さんが知る「ゴッホ」は、いかにして「ゴッホ」になったのかを探る大回顧展です。来場者数が40万人を突破し、13日まで上野の森美術館で開催された東京展に続く巡回展です。

27歳で画家を志したファン・ゴッホは当初、オランダ・ハーグを中心に活動していたハーグ派の影響を受けて、色彩の乏しい農村の風景や人々を描いていました。
33歳でパリに出て印象派と出会い、劇的に画風が変化。鮮やかな色を多用し、筆触を残す独自の表現で、現在もよく知られる作品を残しました。
本展では、ファン・ゴッホが影響を受けたハーグ派、印象派に焦点をあて、わずか10年の画業で、ファン・ゴッホがいかにして変化していったのかをたどります。

「ゴッホ展」兵庫展概要
【会場】兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 HAT神戸内)
【会期】1月25日(土)~3月29日(日) ※月曜日休館(但し2月24日(月・振休)は開館、翌25日休館)
【開館時間】10時~18時(金・土曜日は20時まで) ※入館は閉館の30分前まで

【入場料】一般1700円(1500円)、大学生1300円(1100円)、70歳以上は850円(750円)、高校生以下は無料
※金額は税込み。カッコ内は前売り券および団体券。団体は20名以上。障がいのある方は、一般400円(350円)、大学生300円(250円)。詳細は、公式HPを参照

【主催】兵庫県立美術館、産経新聞社、読売テレビ
【お問い合わせ】兵庫県立美術館 電話:078-262-0901