落語無料オンライン配信サービス「産経会議室落語~お茶の間版~」本日開始

産経新聞社は、インターネットで落語を気軽に楽しめるオンライン配信サービス「産経会議室落語~お茶の間版~」を、5月1日(金)から開始します。料金は、無料です。

特設ページhttps://www.sankei.com/special/ochanomarakugo_2020/

産経新聞社が主催する「会議室落語」は2018年12月、東京本社(東京都千代田区)の会議室から始まりました。これからの落語界を担う人気、実力派の落語家たちを集め、江戸落語と上方落語の“最前線”を一度に楽しめる会として、好評を得ています。

これまで「会議室落語」で披露した東西落語家の過去演目に加え、新たに収録した演目を 「産経会議室落語~お茶の間版~』 特設ページで順次公開します。いま注目の東西人気落語家の熱演を、自宅でいつでも視聴できます。新たに収録した演目は、落語家たちがリレー形式で配信。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出自粛に励む皆さんに、お茶の間で楽しめるコンテンツをお届けします。

【日時】2020年5月1日(金)スタート(※配信期間は、3か月程度の予定)
【出演予定の落語家】笑福亭鉄瓶、桂佐ん吉、林家染吉、笑福亭羽光、露の紫、桂華紋、三遊亭好の助、春風亭正太郎、入船亭小辰、春風亭昇也、立川吉笑、林家つる子

【視聴方法】産経新聞社のニュースサイト「産経ニュース」(https://www.sankei.com/)内の特設ページで5月1日(金)から視聴できます。
(パソコン)https://www.sankei.com/special/ochanomarakugo_2020/
(スマートフォン)https://www.sankei.com/smp/special/ochanomarakugo_2020/

【主催】産経新聞社
【お問い合わせ】産経新聞落語事務局(電話03-3243-8343、平日10時~17時)