特集「ショパンとベートーヴェン」 月刊「モーストリー・クラシック」7月号、本日発売

産経新聞社発行の月刊音楽情報誌「モーストリー・クラシック」7月号を、5月20日(水)に発売します。特集は「ピアノ音楽の巨峰 ショパンとベートーヴェン」。詳細は、公式ホームページ(http://www.mostly.jp/)をご覧ください。

「モーストリー・クラシック」7月号は、ピアノ音楽の巨峰 ショパンとベートーヴェン」を特集しています。
“ピアノの詩人”と呼ばれるショパンは、1810年にポーランドで生まれました。幼いころから音楽の才能を示し、20歳のときには、現在もピアニストの大切なレパートリーになっているピアノ協奏曲第1番、ピアノ協奏曲第2番を作曲、初演しています。ベートーヴェンは40歳上の大作曲家ですが、両者ともピアノの名作を残しました。ベートーヴェンの時代はピアノが日々、進化し、改良発展していきましたが、ショパンの時代には開発がある程度、落ち着いていました。
ショパンは、ほとんどピアノ曲しか書かず、「練習曲集」「前奏曲集」「バラード」「夜想曲」などのジャンルでさまざまな傑作を残しています。当時、ポーランドはロシアの支配下にありました。20歳のときに出国して以来、パリに定住。愛国者ショパンは、二度と帰らなかったポーランドの民族舞踊に基づく「ポロネーズ」と「マズルカ」を生涯作り続けました。

発行:産経新聞社
発売:日本工業新聞社
定価:1080円(税込)
お問い合わせ:モーストリー・クラシック編集室(電話03-3243-8503、平日10~18時)