高校生パティシエ日本一が決定! 「第13回スイーツ甲子園」 11月15日決勝開催、各賞が決定

高校生らがお菓子作りの技術とアイデアを競う「第13回スイーツ甲子園」(主催・産経新聞社、特別協賛・貝印)の決勝大会が11月15日、東京調理製菓専門学校(東京都新宿区)で行われ、おかやま山陽高等学校のチーム「sourire(スリール)」が優勝、文部科学大臣賞を受賞しました。

優勝したおかやま山陽高等学校「sourire」のメンバー(右)と、作品「prière(プリエール)」

「スイーツ甲子園」は、食生活の充実や食文化への理解促進、将来のパティシエ育成などを目的に、2008年より貝印が、今年度からは事業譲渡により産経新聞社が主催しています。

テーマは「日本から世界へ 私たちのメッセージ」。和素材を1種類以上使ったチョコレートムースケーキという制作条件の中、レシピを募集。西日本、東日本の各予選大会を経て、計4校が決勝の舞台に臨みました。

見事優勝し、文部科学大臣賞を受賞したのは、おかやま山陽高等学校のチーム「sourire」。ゆずやれんこんを使った作品「prière」で、栄冠を勝ち取りました。また、道具を適正かつ大切に使用していたチームへ贈られる貝印賞には、育成調理師専門学校高等課程(兵庫県)の「Espoir(エスポワール)」が、タリーズ賞には優勝チームが選ばれました。

今回より、料理好きな全国の高校生たちの自己表現の場として新設された「高校生スイーツレシピチャレンジ」部門には、45校153件の応募があり、兵庫県立社高等学校3年柏木愛海さんの「さつまいもランタン」、おかやま山陽高等学校3年岸田祐太郎さんの「鳥取魅力満天タルト」、北海道帯広南商業高等学校1年吉川綾乃さん、松木天俊さん、脇坂心音さんの「エモ・フロランタン」が、三ツ星レシピ賞に輝きました。