“魚の伝道師”上田勝彦氏と産経新聞社がタッグ YouTubeチャンネル 「ウエカツ流サカナ道一直線」 開設

元漁師、元水産庁職員という異色の経歴を持ち、魚食の復興に取り組む“ウエカツ”こと上田勝彦氏と、魚食推進を目的とした「SAKANA&JAPAN PROJECT」に取り組む産経新聞社が、魚の魅力を発信するYouTubeチャンネル「ウエカツ流サカナ道一直線」を開設しました。産経新聞でウエカツさんが連載中の同名コラムと連動し、今食べたい旬の魚、その暮らしぶりと旨さ、さばき方や調理法、最高に旨い料理の数々を定期的に配信していきます。【ウエカツ流サカナ道一直線】https://www.youtube.com/channel/UC6nlZ1FmZNKEtnGtlrgEsZQ

記念すべき第1弾は「本マグロ」約30キロのマグロを解体、食い尽くす!
記念すべき第1弾はマグロ。約30キロの生の本マグロ(クロマグロ)を買い付けて、解体。40種類以上あるという部位ごとに切り分け、それぞれに合った調理法を用いた12品の料理を作りました。刺し盛りは、大トロが腹とカマトロ、中トロは皮ぎしとヒレぎし、赤身も真ん中の赤身と血合いぎし、骨と骨の間の中落ち、希少な脳天や大トロの先端の腹端など9種類。ほかにも、目玉、エラ、皮、血合い、尾肉など、部位ごとに異なる味わいが楽しめて、料理法も自由自在なのがマグロの魅力。水産庁職員時代にマグロ資源の開拓のため、マグロ船に乗り込んで太平洋でマグロを追い求めたウエカツさんが、マグロを食べ尽くしました。

第2弾は秋の味覚サンマを配信予定。これからも、魚食の魅力と目からウロコが落ちること間違いなしの魚料理の極意を、ウエカツさんの軽妙なトークで発信していきますので乞うご期待ください。