高速レース、2年ぶり開催 2022 大阪ハーフマラソン、エントリー受付中

大阪の市街地を走り抜ける「2022大阪ハーフマラソン」(産経新聞社など主催、奥村組協賛)を2年ぶりに来年1月30日に開催。出場者6000人を募集します。エントリー受付中。エントリー期間は11月30日までですが、定員に達し次第、締め切ります。

大阪国際女子マラソンと同時刻に、大阪城公園(大阪市中央区)東側をスタート。中盤には女子マラソンの選手たちと間近ですれ違い、ヤンマースタジアム長居(同市東住吉区)でフィニッシュします。

大阪市内の平坦なコースで好記録が期待できます。制限時間は2時間で、実業団のトップアスリートや市民ランナーでもスピード自慢の方が多数出場し、毎年ハイレベルなレースが繰り広げられます。

2021年大会は新型コロナウイルス感染防止のため、開催を断念しており、2年ぶりの開催。日本陸連が定める「ロードレース再開についてのガイダンス」に基づき、感染防止対策を徹底します。

また、関西の大学生競技者の強化を目指し創設された「関西学生ハーフマラソン選手権大会」も2020年大会に引き続き、併催されます。

【部門】日本陸連登録の部、一般の部
【参加資格】制限時間2時間以内に完走できる大会当日満18歳以上の男女(高校生を除く)
【参加料】1万円(税込み、手数料別途必要)

【エントリー方法】インターネットのみ ※詳細は大会公式サイト参照
【大会公式サイト】https://half.osaka-marathon.jp/

【問い合わせ】
エントリー係(電話06・6633・9254、平日10時~18時)
お問い合わせフォーム https://osaka-marathon.info/contact/half/