「三岸好太郎・節子展」図録《産経iD》で販売 巡回展「貝殻旅行」、来年2月13日まで神戸で開催中

日本洋画壇を牽引した三岸好太郎・節子夫婦の出会いから100年を記念して開催中の「貝殻旅行-三岸好太郎・節子展-」(産経新聞社など主催)の展覧会公式図録を、産経新聞グループのIDサービス「産経iD」(https://id.sankei.jp/)で販売します。現在、神戸市立小磯記念美術館(神戸・六甲アイランド)を巡回中(2022年2月13日まで)の本展は、翌週19日(土)に開幕する節子の故郷、愛知県の一宮市三岸節子記念美術館でフィナーレを迎えます。図録は、豊富な作品解説に加え、2人のプライベートにも迫るファン必見の一冊です。ぜひ、ご覧になってください。

彗星の如く画壇に現れ、独自のロマンティックな世界を描いた夭折の画家・三岸好太郎(1903-34年)。女性洋画家の先駆的存在として苦難の道を切り開いた文化功労者・三岸節子(1905-99年)。全国から2人の傑作80点余が集結する「二人展」の開催は、実に約30年ぶり、節子の没後では初となります。

特にそれぞれの代表作《のんびり貝》と《さいたさいたさくらがさいた》から絶筆までが共演するのは、本展が初めて。展覧会タイトルにもなった最後の夫婦旅「貝殻旅行」にちなみ、人生の節目となった旅に焦点を当てながら、2人が築いた鮮烈なる絵画世界を紹介します。出会い、愛し、時に憎み、追慕しながら、かけがえのない夫婦となっていく波瀾万丈の「旅路」を、追体験していただける展覧会です。

《知られざる夫婦の素顔に迫った展覧会公式図録、産経iDで販売》
全出品作の図版と豊富な解説に加え、好太郎の子煩悩ぶりを伝えるプライベートな写真や、能文家でもあった節子が語る好太郎との秘話などを収録。展示だけでは語り尽くせない、2人の新たな一面にふれる、内容満載の図録に仕上がっています。アルバムをイメージした正方形で小ぶりの判型(210mm×210mm)、三岸好太郎の筆彩素描集『蝶と貝殻』へのオマージュとなる表紙デザインなど、装丁にもこだわった一冊です。産経iD(https://id.sankei.jp/e/2299、※要会員登録、入会・年会費無料)では、会員限定特典付きで販売中です。