最優秀賞に、松下天風さん(東京大学) 「第38回土光杯全日本青年弁論大会」入賞者発表

若き論客が弁論を競い合う「第38回土光杯(どこうはい)全日本青年弁論大会」(主催・フジサンケイグループ)が1月8日(土)、オンライン形式で開催されました。「国難を乗り越えるために」をテーマに、新型コロナウイルスの世界的流行などからどう立ち上がるのか、10人の弁士が熱弁を振るいました。【YouTube】https://youtu.be/-X-WgZf5cko

リモートで中継されるモニターを見つめる審査員ら=東京都千代田区(撮影・萩原悠久人)

最優秀賞の土光杯は、「失われた『機会』を取り戻そう」の演題を掲げた東京大学の松下天風(てんふう)さん(22)が獲得。4年ぶり2度目の受賞となった松下さんは、「若者の可能性を広げられるサポートこそ、日本を国難から救う第一歩だ」と述べました。

昭和を代表する財界人で、「メザシの土光さん」として語り継がれる辣腕(らつわん)経営者、土光敏夫氏の出身地、岡山県にちなんだ「特別賞岡山賞」には、「水産業の構造改革をしたい」を掲げた松下政経塾の松田彩さん(33)が輝きました。

大会の冒頭、産経新聞社の飯塚浩彦社長は「次代をけん引するのは皆さんです。きょうはパソコンやスマートフォンの画面の前にいる、未知の視聴者、同じように日本の行く末を憂い、建設的な提案を持つ人たちに向かって、堂々と、時空を超えて発信してください。デジタル方式の開催で、帰省先からの出場者もいらっしゃいます。コロナ禍の中、場所や時間にとらわれず、自由な翼を得てデジタルの世界を飛び回る皆さんの熱弁に期待します」とあいさつしました。

土光杯、岡山賞以外の入賞者は以下の通り。

【フジテレビ杯】湯村将貴(30)= 会社員
【ニッポン放送杯】小西沙紀(28)= 会社員
【産経新聞社杯】三浦太地(23)= 大和大学

《土光杯全日本青年弁論大会》
行政改革に大きな足跡を残した、故土光(どこう)敏夫臨時行政調査会長の「行革の実行には若い力が必要」との呼びかけに応じて、フジサンケイグループが昭和60(1985)年に創設。テーマはその後、拡大され、日本の将来を担う若者の主張の場として毎年開催される。