おひとり様必見「死後事務」の予習 終活読本「ソナエ」新春号、1月14日発売

産経新聞社が発行する季刊誌「終活読本ソナエ」。1月14日発売の新春号は、自分が亡くなった後に行われる「死後事務」を大特集。とりわけ、家族がいない「おひとり様」は誰に、どうやって託したらいいのか。だれもが抱く不安をわかりやすく解明します。このほか、次代にお金と夢を託す方法「どこよりもわかる!遺贈寄付」、シニアのスマホ利用増で流行している「デジタル遺言」などの特集も。表紙・巻頭インタビューは、俳優の堤真一さん。家族論などを熱く語ります。

おひとり様必見 「死後事務」の予習
人が亡くなると、死亡届の提出から、葬儀・埋葬、役所や金融機関の手続き、家の片づけ、相続…と、やるべきことが山のようにあります。こうした「死後事務」を託す方法を、おひとり様を中心に解説します。官民のサービスの活用法、元気なうちにやっておくべきこと、必要な費用などについて、チェックリストで見直せる構成です。終活サポートの先進自治体・神奈川県横須賀市の現状なども紹介します。

どこよりもわかる!「遺贈寄付入門」
遺産をNPOなどの団体に寄付する「遺贈寄付」が注目を集めています。自分が共感し、応援したいと思う団体を選べる点が魅力です。団体の選びかた、遺贈に不可欠な遺言書の作成方法、税制のことなど、遺贈寄付の基本をわかりやすく解説します。

「終活読本ソナエ」は年4回発行。2022年新春号は970円(本体882円+税)。全国の主要書店またはアマゾンでお買い求めください。詳しい内容は、「終活読本ソナエ」公式HPをご覧ください。

【公式HP】 http://www.sankei-books.co.jp/sp/sonae/index.html