《三つのマリリン》《最後の晩餐》ウォーホル大回顧展 「アンディ・ウォーホル・キョウト」9月17日開幕

産経新聞社ほか主催、「アンディ・ウォーホル・キョウト/ANDY WARHOL KYOTO」展が、9月17日(土)から京都市京セラ美術館・新館「東山キューブ」(京都市左京区)で開催されます。門外不出の《三つのマリリン》や大型作品《最後の晩餐》など、日本初公開作品100点以上を含む約200点を一挙公開。早割先行ペアチケットは、本日6月1日(水)から販売開始します。

本展はウォーホルの故郷、米ペンシルベニア州・ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の所蔵作品のみで構成される日本初の展覧会です。展示作品はテーマごとに分かれ、「ピッツバーグからポップ前夜のニューヨークへ」「ウォーホルと日本そして京都」「『ポップ・アーティスト』ウォーホルの誕生」「儚さと永遠」「光と影」の5つの章で構成されています。

アーティストとして活躍する前のイラストレーター時代から最晩年まで、各章に代表的な作品を配置。時代背景や主題、コンセプトなど、様々な視点からウォーホル作品が楽しめる構成になっています。「ウォーホルと日本そして京都」では、作品以外にも着物やポストカードなど、ウォーホルが私的に収集した物品のなかから、日本にゆかりのある品々も展示されます。

「アンディ・ウォーホル・キョウト/ANDY WARHOL KYOTO」開催概要
【会期】2022年9月17日(土)~ 2023年2月12日(日)
【会場】京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」(京都市左京区岡崎円勝寺町124)
【開館時間】10時~18時 ※入場は閉館の30分前まで
【休館日】月曜日(但し祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月2日)
【公式HP】https://www.andywarholkyoto.jp/

【主催】京都市、アンディ・ウォーホル美術館、ソニー・ミュージックエンタテインメント、MBSテレビ、産経新聞社、京都新聞、WOWOW、FM802/FM COCOLO
【協賛】DNP大日本印刷、アクセンチュア
【後援】米国大使館
【企画制作】イムラアートギャラリー、ソニー・ミュージックエンタテインメント

公式図録や公式トートバッグ(2種いずれか)、BE@RBRICK ANDY WARHOL “Cow Wallpaper” 100% & 400%がセットになったグッズ付きチケットは、7月15日(金)より数量限定販売です。詳しくは、公式HP(https://www.andywarholkyoto.jp/)をご覧ください。