文部科学大臣賞に東工大・李恒さん 「第35回独創性を拓く 先端技術大賞」受賞者発表

優れた研究成果をあげた理工系の学生や企業の若手研究者、技術者を表彰する「第35回独創性を拓く 先端技術大賞」(主催・産経新聞社、後援・文部科学省、経済産業省、フジテレビジョン、ニッポン放送)の受賞者が決定しました。

学生部門は、東京工業大学工学院博士課程2年の李恒さんの「しなやかな環境親和性を持つ非破壊撮像プラットフォーム」が最優秀の文部科学大臣賞に輝きました。電気・水道など社会インフラの内部状態を、場所や構造を問わずに精密に観察することを可能にする技術で、安全や品質の確保への貢献が期待できます。

社会人部門は、大量のコンピューターを必要とする大規模深層学習を容易に実現できるフリーソフト「RaNNC」を開発した情報通信研究機構の田仲正弘主任研究員らが、最優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。

各受賞者は、以下のとおり(敬称略)。

《学生部門》
最優秀賞(文部科学大臣賞) 李恒(東京工業大学工学院博士課程2年)
優秀賞(フジテレビジョン賞) 森竣祐(東北大学大学院博士課程3年)
優秀賞(ニッポン放送賞) 吉田光輝(慶應義塾大学大学院研究員)
特別賞 宮地秀至(大阪大学大学院博士課程2年)
特別賞 竹内亜美(東京理科大学大学院修士課程2年)
特別賞 小島翼(米子工業高等専門学校5年)

《社会人部門》
最優秀賞(経済産業大臣賞) 田仲正弘(情報通信研究機構)ほか
優秀賞(産経新聞社賞) 本間雅登(東レ)ほか
特別賞 今西正幸(大阪大学)ほか
特別賞 堀由起子(東京大学)ほか

【公式HP】https://www.sankei-award.jp/sentan/

【主催】産経新聞社
【後援】文部科学省、経済産業省、フジテレビジョン、ニッポン放送

【お問い合わせ】
先端技術大賞事務局 メール:sentan@sankei.co.jp