産経新聞社のコミュニティ「きっかけ」内 に新コミュニティ「#銭湯へゆこう」オープン!

牛乳石鹼共進社株式会社(大阪市城東区/代表取締役社長:宮崎悌二)と、産経新聞社(東京都千代田区/代表取締役社長:飯塚浩彦)、クオン(東京都港区/代表取締役:武田隆)の3社は共同で2022年6月9日(木)、新コミュニティ「#銭湯へゆこう Supported by 牛乳石鹼」(https://www.beach.jp/community/SENTO/)を、産経新聞社のコミュニティ「きっかけ」内にオープンしました。「#銭湯へゆこう」は、日本の伝統文化である「街の銭湯」の良さを語り合い、その魅力を次代に伝承するためのオンラインコミュニティです。

昭和の最盛期には18,000軒以上あった銭湯も、現在では約1,850軒と、ピーク時の10分の1ほどに減少しています。家風呂の普及が主な要因ですが、最近では光熱費の高騰や、経営者の高齢化も相まって、やむなく廃業・転業される銭湯も多くあります。

一方で、近年は、若い世代も含めた地域のコミュニケーションの場として再生すべく、工夫を凝らした銭湯も登場し始めています。リノベーションによっておしゃれに生まれ変わった「デザイナーズ銭湯」や、子育て世代向けのイベントなどを積極的に行う銭湯も登場し、注目を集めています。

本コミュニティでは、日本の独特の文化である銭湯について、さまざまな角度から語り合うことで、その魅力を再発見しながら、しばらく行っていないユーザーや、興味関心のあるユーザーが銭湯にゆ(行)こうと思う“きっかけ”となる場を目指します。 

オープンを記念して、本コミュニティにご登録いただき、コミュニティ内でコメントを投稿していただいた方を対象に、「牛乳石鹼“ぎゅ~っと”商品詰め合わせ」が、100名様に当たるキャンペーンを実施します。当選者にはカウブランド 赤箱・青箱はもちろんのこと、スキンケア商品など、牛乳石鹼の商品各種詰め合わせをお送りします。キャンペーンの応募締め切りは、2022年8月31日13時。コミュニティへの登録、参加は無料です。

■「きっかけ」とは
「きっかけ」は、産経新聞社とクオンが、共同で運営しているオンライン上のコミュニティです。ショッピングモールのようなイメージで発展していくのが特徴の1つで、「きっかけ」は、中心(センター)にある広場のような役目を果たしています。ユーザーはセンターコミュニティである「きっかけ」で、さまざまな会話やキャンペーンを楽しみながら、テナントにあたるクライアントの“パートナーコミュニティ”にも自由に参加、回遊し、コミュニケーションが活性化しています。

ニューノーマルなライフスタイルが求められる今、人々の情報収集源やコミュニケーション手法も変化の時を迎えています。

「きっかけ」は、こうした時代に適応した場所であるとともに、「ソーシャルマスメディアナンバーワン」を掲げ、ユーザーがコミュニケーションを交わす中からニュースが生まれること、そしてそれが新聞やWEBなど、マスメディアによって広がり、社会性を帯びていくことを目指しています。

2022年6月9日現在、「きっかけ」とともに参加者と企業・団体が共創を行うことを目的とした「パートナーコミュニティ」には10社(団体)が参加しています。今回、「#銭湯へゆこう」は、「きっかけ」内のパートナーコミュニティの1つとしてオープンしました。