本紙連載「令和阿房列車」がツアーに 乾正人と行く、山陰本線と京都丹後鉄道を巡る旅

産経新聞社は、産経新聞(以下本紙)創刊90周年記念企画として「『令和阿房列車で行こう』筆者乾正人と行く、山陰本線と京都丹後鉄道を巡る旅」を3月1日(水)から3日間の日程で開催します。【産経iD】https://id.sankei.jp/e/9244

“海の京都を走るレストラン”と人気の「丹後くろまつ号」にも乗車、お食事を楽しめます(イメージ)

昨年10月、鉄道開通150周年を記念して本紙で連載された「令和阿房列車で行こう」から派生したツアーで、筆者の乾正人コラムニスト(上席論説委員)が同行します。1日目は、山陰本線浜坂駅から余部橋梁(きょうりょう)を経由して香住駅まで乗車。テレビドラマ「夢千代日記」の舞台となった湯村温泉で「朝野家」に宿泊します。2日目は、300年以上の歴史を持つ名物「出石そば」の昼食や“天空の城”と称される竹田城跡などを見学。日本で2番目に古い旅館、城崎温泉の「古まん」に宿泊します。最終日は、京都丹後鉄道が運行する人気のレストラン列車「丹後くろまつ号」に乗車。車窓から絶景を眺めながら食事を楽しめるなど随所に旅のハイライトがちりばめられた豪華な旅程を企画しています。

東京発着で代金は、1人25万9800円(2人1室利用時、税込み)から。6歳以下の方は参加できません。全国旅行支援対象です。詳細は、産経iD上の購入ページ(https://id.sankei.jp/e/9244)または産経新聞社新プロジェクト本部(電話03-3275-8834、平日10時~17時半)まで。

■連載全編「産経ニュース」で読めます
今ツアーのきっかけとなった本紙連載「令和阿房列車で行こう」の全編を、インターネットの「産経ニュース」から無料でお読みいただけます。
【URL】https://www.sankei.com/article/20221001-VZOLMJH6URMCFLRN7MCADOFOXI/